【い】 (凡例) ”・”---意味  ”( )”---読み  ”「 」”---使用例  ”:”---同義語  ”⇔”---反対語
1 亥 ・十二支
2 井 井戸
3 居 居所
4 飯 いい *(めし) 飯盒(はんごう)、糒(ほしいい)、干飯(ほしいい)
5 言う いう
6 云う いう
7 謂う いう
8 家 いえ
9 雖も いえども
10 癒える いえる 治癒
11 庵 いお、いおり
12 毬 いが 毬栗(いがぐり)
13 雷 いかずち 雷鳴 ※いかづち
14 筏 いかだ
15 厳つい いかつい 厳格
16 啀む いがむ
17 厳しい いかめしい *厳つい(いかつい)
18 碇、錨 いかり
19 怒る いかる 怒声 *(おこる)
20 息 いき 休息
21 勢い いきおい 勢力
22 憤る いきどうる 憤慨
23 熱る いきる ・蒸されるような熱気。むし熱さ。ほてり。いきり。 「人熱れ」、「熱り立つ」
24 生きる いきる 生活
25 活きる いきる
26 幾 いく 幾年(いくとせ)
27 行く いく
28 往く いく
29 逝く いく 逝去
30 戦、軍 いくさ
31 幾つ いくつ
32 池 いけ
33 憩う、憩 いこう、いこい 休憩
34 功・勲 いさお 武功 ・国家・民族・社会などに対する功績。手柄。 「功をたてる」 :いさおし
35 諍い いさかい
36 潔い いさぎよい 「・・・を潔しとしない(せず)。」→自分の誇りや良心が許さない。
37 聊か いささか
38 些か いささか :聊か
39 誘う いざなう 誘惑 *(さそう)
40 勇ましい いさましい 勇敢
41 諌める いさめる 諫言
42 漁り いさり *(あさる) 漁火(いさりび)
43 石 いし
44 礎 いしずえ 基礎
45 苛める いじめる 苛虐
46 虐める いじめる :苛める 虐待
47 弄る いじる 翻弄 *弄る(なぶる)、*弄ぶ(もてあそぶ)
48 泉 いずみ 源泉
49 出る いずる 「日出国(ひいずるくに)」
50 何れ いずれ
51 孰れ いずれ :何れ
52 磯 いそ
53 礒 いそ
54 忙しい いそがしい 多忙
55 急ぐ いそぐ
56 勤しむ いそしむ 勤勉 「勉学に勤しむ」
57 板 いた
58 痛い いたい
59 甚い いたい :痛い ・はなはだしく。ひどく。 「激甚災害」、「甚振る(いたぶる)」
60 抱く いだく 抱負
61 擁く いだく 抱擁
62 懐く いだく
63 徒に いたずらに
64 頂く いただく 頂上
65 戴く いただく 「戴冠式」
66 痛む いたむ 痛痒
67 傷む いたむ 傷病
68 悼む いたむ 哀悼
69 炒める いためる
70 到る いたる 到達
71 至る いたる
72 労る いたわる 慰労
73 市 いち
74 著しい いちじるしい 顕著
75 厳 いつ :稜威(いつ) 「御稜威」(みいつ):厳(いつ)の尊敬語。御威光、御威勢。 「厳島神社」
76 五 いつ
77 慈しむ いつくしむ ・可愛がって大事にする ※”うつくしむ”の転。 慈愛
78 愛しむ いつくしむ :慈しむ
79 逸する いっする ・とり逃す。「チャンスを逸した」  ・ある範囲から外れる。「常軌を逸した振る舞い」 逸脱
80 偽る いつわる 偽善
81 凍てる いてる 「凍てつく寒さ」 冷凍
82 糸 いと
83 厭う いとう ・いやに思う。いやに思って避ける。 「炊事洗濯も厭わない」
84 愛しい いと(お)しい
85 稚い いとけない 稚拙
86 幼い いとけない *(おさない) 幼稚
87 営む いとなむ
88 暇 いとま 休暇 「暇乞い」
89 挑む いどむ 挑戦
90 否む いなむ 「協力を否むことはできない」
91 辞む いなむ :否む
92 嘶く いななく
93 古 いにしえ 古代
94 犬 いぬ
95 戌 いぬ ・十二支
96 狗 いぬ
97 乾 いぬい ・北西の方角(戌亥)
98 稲 いね、いな
99 猪 いのしし
100 命 いのち
101 祈る いのる 祈祷
102 祷る いのる :祈る
103 鼾 いびき
104 歪 いびつ
105 訝る いぶかる 怪訝(けげん)
106 燻す いぶす 燻製
107 疣 いぼ
108 今 いま
109 戒める いましめる 戒律
110 誡める いましめる :戒める ・言葉で戒める
111 未だに いまだに
112 忌む いむ 忌中 「忌み嫌う」、「忌まわしい」
113 妹 いも、いもうと
114 嫌がる いやがる 嫌疑 *嫌い(きらい)
115 卑しい いやしい 卑屈
116 賤しい いやしい :卑しい 貴賤、賤業(せんぎょう)
117 苟も いやしくも ・仮にも。かりそめにも。 「苟も教育者たる者のすべきことではない」
118 癒す いやす 治癒
119 苛、刺 いら 「苛々する」 ・草木の刺(とげ)
120 甍、瓦 いらか
121 入る いる
122 要る いる 必要
123 射る いる 射撃
124 居る いる 居宅
125 鋳る いる 鋳物
126 炒る いる
127 煎る いる 煎茶
128 入れる いれる
129 容れる いれる 収容、容認。
130 淹れる いれる 「お茶を淹れる」 :入れる
131 色 いろ
132 彩る いろどる 彩色
133 岩 いわ
134 磐 いわ、いわき 岩盤
135 巌 いわ
136 祝う いわう 祝日
137 曰く いわく
138 謂れ いわれ 理由。わけ。