【け】
1 謦咳 けいがい ・咳ばらい。
2 慧眼 けいがん ・物事の本質を見抜く鋭い眼力。鋭い洞察力。
3 敬虔 けいけん ・神仏などを深く敬まい慎むさま。 「敬虔なクリスチャン」
4 傾城 けいせい ・君主がその色香に迷って城や国を滅ぼすの意から、美人。美女。遊女。
5 境内 けいだい
6 軽重 けいちょう ・重大なこととそうでないこと。 「事の軽重をわきまえない発言」
7 稀有 けう ・めったにないこと。非常に珍しいこと。 「稀有な事例」
8 怪我 けが 「怪我の功名(こうみよう)」⇒間違ってしたことや何気なくしたことから、偶然に好結果が生まれること。
9 逆鱗 げきりん 「逆鱗に触れる」⇒天子の怒りをかう。目上の人を激しくおこらせる。
10 怪訝 けげん ・訳がわからなくて、変だと思うさま。不思議そうにするさま。 「怪訝そうに尋ねる」、「怪訝な顔をする」
11 袈裟 けさ
12 今朝< けさ
13 戯作 げさく
14 夏至 げし ⇔冬至(とうじ)
15 景色 けしき
16 下衆、下種 げす ・身分の卑しい者。心性の卑劣なこと。 「下衆の勘繰り」
17 外道 げどう
18 解毒 げどく
19 外題 げだい
20 吝嗇 けち (りんしょく)
21 健気 けなげ
22 解熱 げねつ
23 懸念 けねん ・気になって心から離れないこと。気がかり。 「事の成り行きを懸念する」
24 乾坤 けんこん ・天と地。陰と陽。乾(いぬい)と坤(ひつじさる)の方角。 「乾坤一擲」
25 言質 げんち ・あとで証拠となるような約束の言葉。 「言質を取る」、「言質を与える」
26 絢爛 けんらん ・煌(きら)びやかで美しいさま。 「絢爛豪華」