(※解説は『goo辞書』より引用)
漢詩に対して、奈良時代までに発生した日本固有の詩歌の称。長歌・短歌・旋頭(せどう)歌・片歌などの総称。後世、他の形式がすたれ、もっぱら短歌をさすようになった。やまとうた。
和歌の一体で、最も普通の歌体。五七五七七の五句三一音を原則とする。起原はよくわからず、諸説あるが、万葉時代には既に確立し、長歌・旋頭歌(せどうか)などのすたれた平安時代以降は、和歌といえば短歌をさすに至った。みじかうた。みそひともじ。
〔「俳諧の連歌」の略〕日本独自の短詩形文芸形式の一。「座(共同体)」の意識のもとに成立し、「滑稽」を本質とする文芸。発句(ほつく)・連句・前句付・俳文などより成る。室町末期の山崎宗鑑・荒木田守武らによる滑稽・卑俗な作風を受け、江戸時代に松永貞徳が出て独自なジャンルとして確立。談林俳諧を経て松尾芭蕉の蕉風に至って文学的に高められた。
古典詩歌の一体。短歌の上下句を分けて二人で問答唱和することに始まり、万葉集に大伴家持と尼との唱和の例がある。平安時代に入って歌人の余技として即興的・遊戯的に行われ、長短二句の短連歌が多かったが、やがて第三句以後を連ねる鎖連歌(長連歌)の形式を生み、鎌倉時代に盛行した。次第に、規則としての式目(しきもく)もでき、和歌的な有心(うしん)連歌が発達、これに対して諧謔(かいぎやく)性の強い無心(むしん)連歌も行われたが、南北朝時代に准勅撰の「菟玖波集」が生まれたことによって有心連歌(純正連歌)が芸術詩として確立。さらに、心敬・一条兼良(かねら)・宗祇らにより幽玄・有心の理念がめられ、室町時代に大成したが、江戸時代に入って衰退した。室町時代の末には俳諧連歌が盛んになり、江戸時代の俳諧の基を成した。独吟もあるが、原則として「座の文芸」である点に特色がある。つらねうた。つづけうた。
俳諧体の連歌、すなわち俳諧のこと。俳諧の発句(第一句目の長句)が独立して俳句と呼ばれるようになった明治以降、特に連歌や俳句と区別してこの呼称を用いる。原則として複数で五七五の長句と七七の短句とを交互に付け連ねるもの。歌仙(三六句)・世吉(よよし)(四四句)・百韻(一〇〇句)などの形式がある。
◎発句(ほっく):連歌・連句で、発端の五・七・五の句。立て句。
◎挙句(あげく):連歌・連句において最後の句のこと。 挙句の果て(「挙げ句」を強調した言い方。いろいろな経過をへた最後。とどのつまり。)
諧謔(かいぎやく)を主とし滑稽な趣を詠み込んだ卑俗な短歌。万葉集の戯咲歌(ぎしようか)、古今和歌集の誹諧歌(はいかいか)などの系統で、各時代にわたって行われたが、江戸中期、天明年間(1781-1789)頃に大流行をみた。作家としては四方赤良(よものあから)(蜀山人)・宿屋飯盛(やどやのめしもり)などが著名。戯歌。
〔点者の柄井(からい)川柳の名から〕前句付けから付句のみが独立した一七字無季の短詩。江戸中期頃から、切れ字の制約もない口語詩として流行。人情・世態・風俗を鋭くとらえ、滑稽・風刺・機知などを特色とする。川柳点。狂句。柳句。
俗曲の一。天保・嘉永年間(1830-1854)に流行。源流は「よしこの節」。「どどいつどいどい」とはやすようになって「どどいつ節」と呼ばれたが、都々逸坊扇歌が節回しを完成し、しゃれた歌詞を即興で作って唄い、評判となったので「都々逸」などの字があてられた。多く男女間の情を七・七・七・五調にまとめ、三味線の伴奏で唄われる。
五七五の三句の定型から成り、季語を含むことを約束とする日本独自の短詩型文芸。俳諧(連句)の発句(ほつく)(第一句目)が独立してできた。「俳諧の句」を略した語で、もとは連句の各句をもさしたが、明治中期、正岡子規が俳諧革新運動において、旧派の月並俳諧における「発句」に抗する意図でこの語を使用したことから、一般化し定着した。